ウォーターサーバーを設置すると、電源を常にコンセントにつないでおく状態になります。
そのため、「ウォーターサーバーには興味があるけど、毎月の電気代が心配」と設置することをためらう人も少なくないのです。
ウォーターサーバーの電気代は業者によって違いがありますが、平均で約1,000円です。
起きている時だけとか必要な時だけ電源をつないでおいて、後は外すことはできないのです。
水の品質が一定に保てなくなるしウォーターサーバーが壊れる可能性もあるので、一度設置すると24時間ずっとつけておく必要があります。
でも、毎月1,000円かかるといっても実際はもう少し安くなります。
常に、冷たい水やお湯を使うことができるので、冷蔵庫を開ける回数が減るしお湯を沸かす回数も減るため、冷蔵庫の電気代とガス代は安くなるからです。
また、最近では、ウォーターサーバーには省エネモードが搭載されているものもあって、この場合は業者によって違いますが、毎月350円~500円ぐらいの負担ですむようになっています。
毎月の負担が少なくなったということで、最近ではさらに利用者が多くなっています。
利用する時は、どの業者を選ぶとお得なのかを知るために、比較サイトを利用すると便利です。
また、利用者の口コミが掲載されているサイトもあるので、参考になります。
ウォーターサーバーは、サーバーのレンタル料も考えた上で、総合的に利用するところを決めた方がお得です。